\メモ的な何か/
2012年12月10日(月)
【クロックタワー考察】
キーワードは

「時計塔の針」
「時を固着させる」


舞台は北欧ノルウェー(多分)
バロウズ邸について
ババア(メアリー先生)は孤児院の先生でジェニファーのほかにアン、ローラ、ロッテの三人をバロウズ邸の養子にと招いた

ババア:グラフィックこそババアだが、実は35歳…
ってババアか。
夫と二人の子供がいる
夫:牢屋で監禁されている。ジェニファーはハムをあげないとクイモノと勘違いされて襲われる
きっとババアに閉じこめられたのね(´・ω・`)
子供:双子。
1のシザーマンは弟。兄は地下のでっけぇ天蓋ベッドにいたところ、ジェニファーが覗いた途端に出てきて灯油で燃やされた

産婦人科の医師であるジェニファーのパパはこの屋敷にきたはいいが、生まれた子供は障害児?とりあえず異常のある子供であったため、三日もつかもたないかといった結論を出した
しかし、子供はとっくに死んでもおかしくないはずなのに、まだ生きている。それどころかジェニファーのパパに襲いかかって腕を引き…?ちぎったらしい

その頃から時計塔の鐘は聞こえなくなったという

ババアをはじめ、双子の息子は気が狂っている。
ババアは何かの儀式で余命間もない息子を生き延びさせるために孤児院の子を4人ほど、生贄にさせたんじゃないだろうか。

なぜシザーマンことボビィ・バロウズは余命わずかながら普通に歩いたり、どこからともなく現れたのだろうか。
それははじめに挙げた、

「時計塔の針」
「時を固着させる」

このふたつなのかもしれない。

普通であれば、生き長らえるはずもない息子たちだが、時計塔の針を止め、彼らの中に流れている時間を止めることができるなら、つじつまが合う。
要はあのババアが息子たちをいつまでも生かすために時計塔の針を止め、そのためには生贄を捧げなくてはならないというので4人の教え子を犠牲にしようとした…
元々あの屋敷に置くなんてことは考えてなかった

あるいは息子たちの遊び相手にしようとした
でもこいつらの遊びってさ、カラス斬首したり人形を超能力で動かす(ダン・バロウズ)ことじゃん。どう考えても生きられないだろ。

公式?wikiみたら9歳だってよ!
の割に1のシザーマンとか腐ってね?
吉マスクなのかな…

あとババアは元からヒステリックで周囲から煙たがれてるらしいw


こんなものでしょうか!
考察ってか私のためのメモ書きかな。でも楽しかったー!



12/10^21:22
[コメントする]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集][ランダム][音楽]
無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++